8月10日(山の日)

scene at 2400-0700

  • 寝苦しくなってきた。体力が奪われるのも時間の問題だ。3-4日は耐えられるんだよね、経験上。

scene at 0700-1200

  • 0752覚醒。暑くて寝ていられないのだった。起き抜け提督業務は、野菜生活100(山梨プラムミックス)をやっけつつ。
  • 私室を通常通りに使えるのは午前中まで。午後になると人類の生息には向かない環境となる。体調は良好、細かい作業をやる気力もあるので、標本のマウント(データラベルを付けて、標本箱に格納する)。
  • 標本箱が手狭になってきた。遅くなってから始めた趣味なので、どこまで本気で拡張するべきかは迷っている。このまま突き進んでいいものなのだろうかw
  • 駅前に出る。陽射しの感じからだと、36℃止まりだとは思う。それでも酷い酷暑だけど。

ひるめしのもんだい

  • 長なすのメランザーネ(大盛り、野菜マシ)@スパゲティ食堂ドナ。
    • なぜか盛夏になると熱々のトマト味パスタが食べたくなるんだな。そして、暑さで食欲を失っても食べられるのがこのメニュー。
    • 久しぶりにドナに入ったら、野菜マシなどという次郎系のようなオプションが追加されており、長なすラブなわたくしはすかさずコールしたのだった。

f:id:hola_baja:20200810200103j:plain
若いある時期は嫌いだった食材の茄子だが、近年の加齢とともに急速に好きになってきた。この変化はいったい(汗

scene at 1200-2200

  • 帰還して、午睡を試みる。頭には氷嚢を当てて酷暑を迎え撃つ。ま、蟷螂の斧もいいところですが。
  • 再起動は、汗が滴る感覚で覚醒した60分後。室温を確認すると体温超え。

f:id:hola_baja:20200810200117j:plain
こうなってしまうと、何をやっても無駄どころか、本当に生命に関わる。これが・・・ヲレの住む世界だッ。

  • 離脱。公園の雑木林ベンチでアイスタイム。本日はがっつりみかん。
  • 友永大尉に呼び出されてスタバアワーからの輸送隊。

一隻眼

f:id:hola_baja:20200810200148j:plain
過去フォルダより。南カリフォルニアの某有名サンセットポイントにて。ガイジーンのつがいどもが人目を憚ることなく濃厚な接吻をやりまくっていた。舌が相手のほっぺたの中でぐりんぐりん動くのを間近に見てしまい「すげーすげー」しか感想が出てこなかった若かりし頃のわたくし。まだまだ可愛かった19年前のことである。

きっと何者にもなれないお前たちに告げる

  • 0点。

8月9日(猛暑のはじまり)

scene at 2400-0700

  • 放課後ていぼう日誌 を消化。
    • 潮干狩り編。釣りばかりじゃネタが尽きるので、海系のアウトドア遊びは何でもやるのかな。
    • マテ貝の捕獲ネタとかあるかと思ってましたが、干潟で女子高生が戯れるだけでした。まー、そういう作品だ。アサリに加えてハマグリもげとーしたり。
    • 顧問の教師登場。おっさんの趣味を女子高生にやらせる日常ほのぼのアニメの顧問教師は、女性である(当然だ)、普段は優しくて優秀だが酒飲みで酔うとタチが悪い(テンプレだ)中の人が伊藤静さんだ(=本人じゃねーか)と定義付けされているんだよなぁ。今回は小清水亜美さんです。分かっていますよ、念の為
    • やー、今回の顧問の先生も酷いねぇw 勤務中に自分で勤務は終わりと宣言して、ビール飲みまくって生徒が採ってきたアサリのバター焼きと酒蒸し、ハマグリの網焼きを喰いまくって、泥酔してからみまくり。これ、コンプラ大丈夫ですかねwwww

scene at 0700-1200

  • 0803覚醒。起き抜け提督業務は、杏仁豆腐をやっけつつ。室温は29.7℃で、まだ快適である。
  • 私室の掃除。先週はサボっているので、髪の毛が目立つ。雑巾がけまで徹底的に。そーすると汗だくになっていきますな。
  • Tシャツ類の洗濯。今年も始まりましたよ、夏の洗濯。手洗いです。汗かきなので、頻繁にTシャツ類を着替えるので、通常の洗濯だと間に合わないのです。水をじゃぶじゃぶやるのが気持ちいいというのもある。
  • 餌を仕入れにコンビニへ。

ひるめしのもんだい

scene at 1200-2200

  • 午後。気温が急上昇を開始した。始まったな。彩の国の夏だ。
  • 猛暑日は、適切に定義されていると思う。やってみれば分かるのだが、大抵のニンゲンは33℃ぐらいまでは何とか耐えられるのだ。裸に近い服装で、じっとしていれば汗はにじむ程度。ところが35℃という猛暑日の気温に達すると、素っ裸でじっとしていても汗が玉になって来る。そして、36℃という体温近くなると流れる汗が止まらない。この状態になると危険だ。
  • 1527、室温は36.4℃を記録。クーラーのない我が家はこれまで。脱出開始。チャリに騎乗して流浪の旅へ。

f:id:hola_baja:20200810094638j:plain
外のほうが涼しいんです、定期!!

  • いつものホームセンタで涼む。お盆のせいか人は少なめ。今年は店舗内で涼もうとしても、コロナ感染が気になるんだなぁ・・・。
  • 日没までフラフラして帰還。

scene at 2200-2400

  • 夜間になっても室温が下がらない。あまりにも暑いとビールが美味しくないって知ってましたか、大兄。モノには限度ってもんがあるのよ。

一隻眼

f:id:hola_baja:20200810094707j:plain
カラスの糞爆で汚されてしまったヲレのシエスタベンチ。なんでベンチだけを狙ってくるんでしょうねぇ?

きっと何者にもなれないお前たちに告げる

  • 0点。

8月8日(つけ麺待ち)

scene at 2400-0700

scene at 0700-1200

  • 0826覚醒。起き抜け提督業務は、トマトジュースをやっけつつ。トマトジュースは2020年限定のなんとか。やっぱり食塩は入っていないのね。リコピンとか塩無しとかどうでもいいんだよ、おじさんは。昔ながらの酸っぱくて塩が効いたトマトジュースをごくごくやりたいんだよ。その方が精神的に効くでしょう?
  • 装備を整えて、職場に向かう。まー、仕方ありません。体調が良好なので、機嫌はよろしい。
  • 某巨大施設に移動して、リビングホチキスどもと戯れ。作業中のBGMは月の音色で、未だに大原さやか様ご自宅スタジオよりお届けしております。
  • 職場離脱。
  • 地元リターン。先週に引き続いて、体調と喉が整ってしまった。や、整えているのですが。実に久しぶりにお気に入りのつけ麺屋で、つけ麺待ちにて瓶ビールをやる極悪非道作戦が提案され、脳内閣議に送られる。すぐさま満場一致で可決されてしまった。ああ、わたしって駄目ね。ダメダメだ。

ひるめしのもんだい

  • 味玉つけ麺(中盛)、瓶ビール@地元のお気に入りのつけ麺屋。
    • 最後に訪問したのは去年の冬だと思う。またもや全品が50円づつ値上げされているが許す許す。

f:id:hola_baja:20200808213049j:plain
麺が茹で上がって着丼するまでの間、キンッと冷えた瓶ビールを背の低いデュラのグラスで、じわじわとやる。これがいわゆる「つけ麺待ち」。ここで、一気に飲んでしまって追加のビールを頼むのは、激しくかっこ悪いのでやめましょうね。ご主人に聞いた所、あえて背の低いグラスにしてあるそうだ。その方が、長く楽しめるでしょうとの事。

f:id:hola_baja:20200808213109j:plain
つけ麺のメンマと焼豚で瓶ビールをやっつけたら、後は天衣無縫で啜るのみ。ご主人の料理のバックボーンがイタリアンなので、スープの酸味はバルサミコ酢で調整されているとの事。

f:id:hola_baja:20200808213125j:plain
麺をやっつけたら、型通りに味玉を落としてスープ割りせよ。ここまでの一連のムーヴが自然に出るようにしたい。スープ割りをすると香りの良い天かすを入れてくれるのが嬉しい。

scene at 1200-2200

  • 帰還は1330。
  • 午睡。再起動はアラーム使用で90分後の予定だったが、起き上がれず。150分後に階下より友永大尉の呼ぶ声にて。いくら飲んだとはいえ寝過ぎ。完全に「睡眠」である、と先週も記述したな。
  • 友永大尉に呼び出されて、スタバアワーからの輸送隊。
  • 帰還すると、がくりと気温が低下、心地よい風が吹き始めた、大尉は立秋によって、もう秋の空気になっているのだと主張するが、違うと思う。夏の中休み、わたしが「お許しの日」と呼んでいる現象だろう。また35℃オーバの世界は戻ってくる。

一隻眼

f:id:hola_baja:20200808213148j:plain
舌がちゃんと麻痺するネイティヴ系の麻婆豆腐丼。アメリカ出張でロスアンゼルスの中華料理屋に入った時の事。頑張って麻婆豆腐をメニューから探すのだが、どうしても見つけることが出来ない。「豆腐は豆でしょ。だから野菜料理のところを探すのよ」とニヤニヤ笑う大ボスに教えてもらったのは、もう20年も前の事だ。麻婆豆腐を食べる時は、いつも懐かしくその出来事を思い出すのである。

きっと何者にもなれないお前たちに告げる

  • 0点。

8月7日(金曜日)

scene at 0700-1200

  • いやぁ、爽やかな暑さですな、大兄。如何お過ごし? この感じだと、36℃止まりでしょう。コーラルピンク系の基地外アロハで出勤。
  • 中高生の姿が消えた。夏休みか。社会人の皆さんも若干だが減っているな。
  • アサイチで某精密機器室へ。昨日の細胞の解析。半年ぶりぐらいに解析機・一式戦 隼II型(64戦隊)のコックピットへ。
  • 無事に対照群のデータを回収。ここでコケたら腹を切らなてはならないよ。本番は来週。

ひるめしのもんだい

scene at 1200-2200

  • 公園シエスタ。木陰だと十分に昼寝できる気温だ。本気を出した彩の国は木陰で汗が止まらずに熱中症になるからね(本当)。
  • 帰室。
  • 民間タニマチの申請書x2を学内審査へ送る。紙メディアにする作業がなんともはや。
  • 某巨大施設に移動してリビングホチキスどもと戯れ。今日で中日の折り返しィ。
  • 走りに行く。日没後も蝉しぐれは収まる気配さえ見せず。気温は高く、恐らく30℃ほど。湿度は梅雨時よりも下がっているとはいえ、やはり夏である。条件的には最悪。5.5kmを走り終わると、今シーズン初! 水道の水を頭からかぶるおじさんが出現した。まー、これは身体には良くないだろうね。血圧ががくんと変化するのが分かるよ。サウナからの水風呂と変わらん。
  • 撤退。

scene at 2200-2400

  • 週末に凸。3連休の次は夏ヴァカンス中段作戦が開始される。休んでばかりですな・・・。中段作戦の開始時には、ある程度ですが経済状況は改善されており、一泊ぐらいの採集旅行は可能なのですが、新コロナの野郎を考えると身動きがとれん。うーむ。

文月ノ走行

  • 総走行距離40.2km。先月に比べれば少し増えました。これから猛暑が始まるので再び減少すると思われ(ぇー

一隻眼

f:id:hola_baja:20200808212502j:plain
盛夏になると公園に現れるアイスクリーム売りの車。もう10年以上も観測し続けているが、買うチャンスが巡ってこない。

きっと何者にもなれないお前たちに告げる

  • 2点。作業のみ。

8月6日(木曜日)

scene at 0700-1200

  • 陽射しが本気を出してきたぉ(挨拶)。メルカリで入手しておいた新しいアロハにて出勤。これだけで気分が良くなるおじさんです。
  • お祭りの日。本格的に実験台に立つのは、半年ぶりぐらいかも知れない。ちなみに、わたしぐらいの年齢に達すると実験室から引退する人が殆ど。皆さん、偉くなって現場には出なくなるのです。それが普通。わたしが落ちぶれたまんまなのだ、フヒヒ。
    • そもそもが、わたしの業界においては「偉くなるために若い時に研究し、ある程度の成果を上げたら速やかに引退」という人が大部分を占める。研究は出世のための手段であって、目的ではないのです。意外ですか?
  • 麻酔開始は1030ごろ。遅いスタートだが、リハビリを考えて標本数を減らしてある。この時間からでも余裕。

ひるめしのもんだい

    • 久しぶりにピットイン方式。わしわし詰め込んで、すぐに作業に戻る。たまにはいいんだよ、これで。たまにはな。

scene at 1200-2200

  • 引き続き、お祭り。順調に推移。わたしが実験台に立っていると院生チームは嬉しいらしく、あれやこれやとサポートしようとするのだが、とても邪魔なので自分の作業に戻りなさいッw
  • 1645、固定液にぼっちゃん。予定通り。解析は明日。
  • 某巨大施設に移動し、リビングホチキスどもと戯れる。施設の飼育員の皆さんがコロナ自粛より次々に復帰しており、喜ばしいことである。
  • 2000、撤退。

scene at 2200-2400

  • 夏野菜の煮込みなどでビール。夏野菜(トマト、ナス、オクラ、ズッキーニ、赤たまねぎ)は全て実家にて作られ、こちらに送られてきたもの。

一隻眼

f:id:hola_baja:20200808212136j:plain
地元の名画座シリーズ。ポスター復活か?と喜んだが、よく見ると作品のポスターではなく映画館そのものの復活アピールだった。ともあれ、このご時世にちゃんと上映できるのは素晴らしい事であるな。

きっと何者にもなれないお前たちに告げる

  • 2点。作業のみ。

8月5日(水曜日)

scene at 2400-0700

  • 未明。暑さのために覚醒。久しぶりの感覚だ。いよいよ彩の国の夏になっていくのか。勘弁してくれぃ。

scene at 0700-1200

  • うん、まだ楽しめる暑さだよ(震え声での挨拶)。猛暑とは認識していない。彩の国の住人はねぇ、解るンだよ。今日の暑さがヤバイかどうかはな。こんなんじゃないよ、本物は。
  • スタッフで消える人が現れ始めた。来週一杯までは静かに過ごせそうで、わたしは幸せである。
  • 院生氏1が飛来して、先週のネイティブ系台湾料理屋にリベンジしたいとご所望。ヒマ人なのでお付き合いする。

ひるめしのもんだい

  • 日替わり麺(トマト)、日替わりミニ丼(麻婆豆腐)@近所のネイティブ系台湾料理屋。
    • 日替わり(トマト)と書いてあり、本当にトマトだった。粉チーズが振られている。嫌いじゃない系統だ。
    • 1氏は、発酵と腐敗の境界例である怪しい黒酢を担々麺に垂らして、完璧なチューニングを達成したようだ。親指の爪ぐらいの量なんだよな。それだけで大化けする。

scene at 1200-2200

  • 帰室。
  • 民間タニマチの申請書x2が元リーダより戻ってきた。やはり他人に読んで貰うのは大切だ。誤解されかねない表現が2つ指摘されている。すぐにバグ取りと修正開始。
  • 今度は研究協力者になっていただくG先生に打電してみた。これで問題なければ、本提出かな。
  • 1900、撤退。

scene at 2200-2400

一隻眼

f:id:hola_baja:20200806210558j:plain
グリーンカーテンの仕事をする気はない我が家のきゅうりさん。

きっと何者にもなれないお前たちに告げる

  • 12点。

8月4日(火曜日)

scene at 2400-0700

  • 放課後ていぼう日誌 を消化。
    • コロナ禍で3話にて打ち切りになっていましたが、本当に再開されるとは思わなんだ(ヲィ 3話の頃よりも感染爆発どっかぁーんしてますけど、今後の制作スケジュールってどうなるんでしょうか。
    • ま、ともあれ。ていぼう日誌が帰ってまいりました。相変わらず、すっとぼけた熊本弁の部長がいいなぁw
    • 今回のターゲットはイカ。ルアーというより疑似餌と呼んだほうがいい仕掛けで狙うと。
    • こちらから目視できるイカが疑似餌で釣れるとは思えないけどなぁ。ま、そこはアニメです。
    • 釣った獲物は、イカ刺し。合わせたいのはキリッと冷えた冷酒だな。イカフライにしたらビール。中の人がおっさんなのがバレバレですね。作中は、女子高生の皮を被っているので、でイカ刺しにはお茶ですけど。

scene at 0700-1200

  • まだまだ楽しめる暑さ。どうってこと無いよ。勝負は35℃をコンスタントに超えるようになってきたらだ。38℃より上は、神々の領域。
  • 3年前からくすぶり続けている新作というか、ヒミツ計画のアイデア出し。演繹的にブツブツ言ってても始まらないのでやっちゃえ日産(別名は見切り発車)になりそうかなーとか。
  • イデアは4色ボールペンでどんどん落書きしていこう。おっと、書く前に過去の落書きを見直すところから。大抵のことは以前に既に書いてあるよ?

ひるめしのもんだい

    • 牛乳が途中で尽きてしまったので、インスタントコーヒーをぶち込んでカフェオレ風にしたら凄く不味かった。

scene at 1200-2200

  • 公園シエスタ。木陰のS席を確保したが、カラスどもの粗相で一瞬怯むお姿に。背もたれの部分だったので気にせずに寝ましたが(気にしないのか)。
  • 帰室すると、院生氏1、院生氏5,院生女史とたて続けに飛来。オヴォーン・ヴァカンス前の駆け込み需要なのだろうけど、今年のお盆ってどうなっちゃうのだろう。
  • 某巨大施設に移動して、リビングホチキスどもと戯れ。まだまだ先は長い。
  • 走りに行く。土曜日にリタイア(DNS)したコース。快調に飛ばした。本当に体調とは分からんものだと首を傾げつつの6km。
  • 撤退。

scene at 2200-2400

  • 扇風機稼働開始!!

一隻眼

f:id:hola_baja:20200805214136j:plain
吊るされた白菜に、塩抜きのために盛られたメンマ。ネイティブ系のお店ならでは。

きっと何者にもなれないお前たちに告げる

  • 12点。