2020年2月20日(銭湯最終日)

scene at 0700-1200

  • 本日は奇襲攻撃さえなければ院生チームが飛来してくることはない。原稿を書くチャンス到来である。
  • ところが。原稿に立ち向かうも、頭が動かず。睡眠時間は十分、アルコール摂取量も少なめで整えたはずなのだが。体調という不安定要素勘弁しちくりー。
  • 唸っていたら院生氏1が飛来。飛んできたぞ、おぃぃぃぃっ!! 打ち合わせ後、試薬の調整。午前中が溶けていく。

ひるめしのもんだい

  • 手作りサンドイッチ(野菜コロッケ、チーズ、中濃ソース、マヨネ、ブラックペッパー)、コーヒー@備蓄より。
    • 野菜コロッケに期待していたら、単にグリーンピースがアホみたいに入っとるだけやんけー!

scene at 1200-2200

  • 昼休みの40分睡眠で体調はぐんぐんと回復。余勢を駆るべくモンスターエナジー青のカードを切る。
  • 原稿。Discussionのプロットを一気に書き上げた。
  • 院生女史が飛来。飛んでくるじゃんよ。来年度の動きについて打ち合わせ。
  • 1900、撤退。
  • チャリに乗り換えて銭湯へ。閉店の日がやってきた。一番風呂とまではいかないまでも、もう少し早く到着したかった。
  • 果たして。駐輪場がチャリで溢れかえっているのが見えてきた。予想通りに最終日はお祭り状態となっている。
  • 脱衣所の空ロッカーを探すのが大変なほど人が入っている。わたしが脱衣所に入るとあちこちから「よぉ、来たか!」「いよいよ終わりだな!!」と常連たちから声がかかった。いつも見ている人、かつて見たことのある人などなど。
  • それに加えて異変もあった。「いつも前を通るだけで、怖くて入れませんでした」とか「Facebookで閉店すると聞きました」とご主人に声をかけてくる最後の新参者たちだ。まぁこれはこれでアリだとは思う。
  • 熱い湯を頂くが、いつものようにはいかなかった。洗い場で順番待ちが発生しているのだ。この状態は見たことがない。結局は落ち着けない最後の入浴となってしまった。
  • 湯上がりの最後の脱衣所トーク。ご存知の通りに、上がりビールは、通常コンビニで飲んでいる。銭湯ではスーパードライしかないし割高になるからだ。しかし最後はここで飲んでいかなくては。代金250円を差し出すと、ご主人がニヤニヤ笑って「飲み放題だ、在庫を空にしていきな」と言ってそのまま250円を返してきた。やはりこうなるかwwww さらに「ヒゲの兄さん、今までありがとうな。持ってけ!!」とケロリン桶を差し出してくる。最後まで感傷的にはならないつもりだったが、いきなり目頭が熱くなってしまった。常連の証として銭湯の重要装備品であるケロリン桶を有り難く頂く。
    • ケロリン桶は数に限りがあるため、ご主人は明確に常連だけを選んで渡していた。先に書いたFacebook野郎が厚かましくも「洗面器を下さい」と言ってきたのに対しては「通ってから言いな。もう通えないけどな!!」と声を荒げて拒絶、常連客は大笑い、Facebook野郎は顔を真赤にして逃げていった。
  • 人生で一二を争う旨さのビールだった。350ml缶を二息で干して、乾杯のポーズで缶を掲げると常連たちから拍手されてしまった。在庫を空にしなくてはイケないので、すかさず次弾を開ける。
  • その後は約1時間ばかり飲みながら、常連たちとご主人で馬鹿トークや記念写真の撮影。明日からは、大手新聞社の4社を含めてかなりの数の取材に応じるそうで、ご主人はドヤ顔で記者の名刺を見せびらかす。その間にも次から次に最後の湯に入りに客が来る。
  • やがて名残惜しいが終わりの時間が来る。ここでは多くのものを学んだ。その中でも2つ。2つを記しておこう。1つは「幸せのカタチ」。もう1つは「ヒトとの繋がり方」。両方ともに陳腐すぎて呆れている読者さまもいるだろう。でも、そんな基本的なことさえも、わたしはこの歳になるまで身に付けていなかったのだ。
  • 最後にご主人と腕相撲式のハワイアンスタイルでがっつりと握手。わたしもご主人も、この地元で骨を埋めるだろうから。また、すぐに会えるだろう。その時まで、ほんの少しだけサヨナラだ。

f:id:hola_baja:20200221183713j:plain
歴史を感じさせる建物。戦前の昭和から平成、令和と生き抜いた。なお、半年後にテナントビルとして生まれ変わるそうだ(マンションはやめたとのこと)。やっぱりぶっ壊しちゃうのね。

f:id:hola_baja:20200221183752j:plain
木の天井。これだけでも相当な歴史的価値があるだろう。

f:id:hola_baja:20200221183815j:plain
メッセージボード。ど真ん中に書かせていただいた。なお、これは昨日に撮影した状態。今日はぎっしりとメッセージが残されていた。写真を撮ろうとした時には、既に外されていた。

f:id:hola_baja:20200221183841j:plain
お別れのポスター。創業83年と思い込んでいたが、創業77年の間違いでした。1943年に営業を開始か。太平洋戦争まっただ中、そしてわたしの実父が産まれた年だ。


f:id:hola_baja:20200221184000j:plain
人力車の暖簾。この暖簾と灯りを見ただけで、癒やし効果があったものだ。

f:id:hola_baja:20200221184021j:plain
屋号を記した看板。フォントが昭和です。

f:id:hola_baja:20200221184045j:plain
裏口より。うず高く薪が積まれている。今になってようやく知ったのだが、この銭湯のボイラは重油ではなく薪で駆動していた。つまり、文字通りにご主人による「手作りの湯」だったのだ。重油と違って火加減はマニュアル式。ご主人の腕にかかっていた。

scene at 2200-2400

  • チャリの前かごにケロリン桶を乗せて、かたかたと音を立てつつ帰還する。サラバだ。

一隻眼

f:id:hola_baja:20200221184108j:plain
カネでは絶対に買えないわたしだけの宝物。それは使用済みの汚い洗面器でした。

きっと何者にもなれないお前たちに告げる

  • 112点。ひとつの時代が終わったな。40歳代のほとんどを、この銭湯と共に過ごした事になる。どうやらまだまだシブトク生きるわたしは、次に何が来るか楽しみになっている。どんな出会いがあるだろう。いい出会いがありそうだ。

2月19日(水曜日)

scene at 0700-1200

  • 原稿を書きたかった1日でした(今週3回目)。いや、それでも午前中の1時間は執筆時間を確保。今まで書いた文章のバグ取りを行ったのみで、進捗はゼロでしたが。
  • 他講座の院生氏Aが飛来。さぁ2日めが開始されました。
  • キリの良い所で休憩を無理矢理で確保。原稿料の資金移動へ外出。

ひるめしのもんだい

  • 煮干背油ラーメン@駅に入っている某有名ラーメン専門店。
    • 吉野家で済ませようと決めていたのですが、誘惑に勝てず。久しぶりの専門店はやはり美味いなー。

scene at 1200-2200

  • 複数の口座へ資金を散らす。今回の目玉は口座の1つが「たんす」であること。ようするに貯金箱です。100均のブリキ製とはいえ、物理的な障壁の効果は絶大。そうそう簡単に穴を開けて現金を取り出す行為には至らないもんですよ。もうひとつは、何を今更ですがキャッシュレス用に新口座を専用に割り当てました。
  • 帰室。
  • 他講座の院生氏Aの作業続き。どうにかこうにか、やっとこさで。彼の博論のコアとなる蛋白を可視化することに成功。これで肩の荷が下りた。一発で巧く逝ってラッキィこの上なし。今後しばらくはA氏の面倒は見なくはならないだろうけど、打ち合わせのみで対処できるだろう。
  • 1900、撤退。
  • 地元リターン。デパートにて銭湯のご主人へのプレゼントを買う。もちろん酒であるw タリスカーのハーフボトルがギフトボックス入りで売っていたので即決。価格も1800円ほどで丁度いい。

scene at 2200-2400

  • チャリに乗り換えて銭湯へ。閉店まであと2日となった。お別れのメッセージボードと建物の外観を描いた絵が取り付けられていた。もちろん、わたしもメッセージボードに挨拶を残した。ご主人にウイスキーを渡すと破顔の笑顔というやつで喜んでくれた。
  • 相変わらず、入り納めの客でごった返し。明日はどうなってしまうのだろう。

一隻眼

f:id:hola_baja:20200220122650j:plain
今の若い子は、これが何かを知っているのだろうか。わたしは両親と一緒に映画館に観に行きました。

きっと何者にもなれないお前たちに告げる

  • 2点。

2月18日(火曜日)

scene at 2400-0700

  • 多くの人が見るであろう、学生時代の悪夢で覚醒。わたしの場合は2パターンあって、1つは日本史や音楽といった嫌いな授業の出席日数が足りなくなるというもの。2つめは、博士後期課程を終えても学位が取れずに3/31を迎えて途方に暮れるというもの。本日は前者だった。
  • ちなみに、日本史や音楽という科目そのものは嫌いではない。嫌いだったのは担当の教師。とにかく生意気で口答えばかりする生徒だったわたしは(想像がつくでしょう?)、教師たちのからの格好のいじめのターゲットとされていた。この話もいつかは書いてみたいものだ。壮絶な暴力を受けたこともある。
  • そのわたしが、教員で口を糊しているのだから、世の中分からないもんだよね。

scene at 0700-1200

  • 原稿を書きたかった1日でした(今週2回目)。アサイチで他講座の院生氏Aが飛来しておしまい。もちろん、予めそういう予定になっていたんですが。
  • 肉体労働の始まり。A氏はこの作業は初めてだが、実験室での経験は積んでいる。完全な付きっきりでは無いので少しはマシか。
  • それでも15分とか30分おきに呼び出されて、その度に教える事になる。いくらマルチタスクが得意だからといって、合間に学術論文を書けるほどのCPUパワーは持ち合わせていないので、雑用に専念する。

ひるめしのもんだい

  • 手作りサンドイッチ(魚肉ソーセージ、チーズ、マヨネ、ピザソース、ブラックペッパー)、コーヒー@備蓄より。
    • 新アイテムのギョニソ(魚肉ソーセージ)が登場。薄くスライスする一手間が増えるが、中々に美味しい。

scene at 1200-2200

  • 昼休みは7分でした(挨拶)。午後もA氏の作業。
  • 1400過ぎには院生女史と院生氏1も相次いで飛来。さすがに処理の遅延が始まったが、タイミングよく他講座のG先生が優秀な水雷戦隊を率いて駆けつけてきた。すかさず院生女史のタスクを切り離す。
  • 夕刻。某へんしう部のおねいさんから電話。原稿料を午後に振り込んだとのこと。きたぁ~~~。全てをほおりだしてATMまで時速900kmほどで走った。確かに入金を確認。これで経済状況の回復その1となる。生活の質を変えることはしないが、大きな精神的な余裕が生まれる。その気になれば、外飲みや昆虫採集の電車賃ぐらいは出せるということ。
  • 2100、撤退。何も産み出せず。教官としてはいい仕事をしたとは思いますが。

scene at 2200-2400

  • チャリに乗り換えて銭湯へ。閉店まであと3日となった。相変わらず閉店までの駆け込み入り納めは続いており、客数はいつもの2倍以上。何だかなぁ。祖父ちゃんが孫を連れて来ているパターンも多くて、この日は4組(!)。そのジッジたち全員がマッゴに背中を流させており、苦笑いとほっこり笑いの複雑な笑いがにじみ出てきた中高年です。

ちょいweb

一隻眼

f:id:hola_baja:20200219121422j:plain
この手のお店にはスパイダーマンが必ずいるよね。

きっと何者にもなれないお前たちに告げる

  • 2点。

2月17日(月曜日)

scene at 2400-0700

    • まだ観ていました。サバイバル物は何だかんだと文句をつけても、つい観てしまうんだなぁ。
    • 設定と進行がガバガバすぎて笑ってしまう。九州から東海地方への移動が瞬間で行われたりなど。この辺りが少女漫画なんだな。重きを置いているのは、やはり恋愛ですか。少女漫画だもんな。

scene at 0700-1200

  • 原稿を書きたかった1日でした。当局から某について呼びだされた時点でおしまいです。リアルでわたしに会ってくださった毒者の方は、分かりますね? そうです、その通り。本業(あーあ)が忙しくなってきたのです。
  • 船頭が二人いるんかいっ(謎)。

ひるめしのもんだい

  • 手作りサンドイッチ(ツナ、マヨネ、ポン酢、ブラックペッパー)、コーヒー@備蓄より。

scene at 1200-2200

  • 午後も某。至急増派せよからの、別名あるまで待機せよ。ちょっマテ(ry
  • 拙いと思うよ、この状態(汗。ここには書けないことばかりが着々と遅々と進んでいる。
  • 1900、脱走。
  • チャリに乗り換えて銭湯へ。閉店まであと4日。ほぼ全ての会話していた常連さんとは別れの挨拶を交わせたかな。多くの常連さんは、地元駅から2つほど先の駅にある銭湯に移るそうだ。わたしは、その区間は定期券を持っていないので行く理由がない。電車賃を入浴料金に加えると、温泉施設と同じ料金になってしまうからだ。
  • 外に出ると大雨。何だかなぁ。

scene at 2200-2400

  • ポイント乞食再び。au PAYのキャンペーンが始まったのだ。もちろん1日で10億円は食いつくされて、本日中で終了のアナウンス。行きつけの底辺アイテムが揃うドラッグストアで、黒霧島さつま白波を買って、400ポイントをげとー。

一隻眼

f:id:hola_baja:20200218191823j:plain
シンプルな菓子パンランチは、たまに食べると抜群に美味い。そして高くつくんだよな、意外にも。

きっと何者にもなれないお前たちに告げる

  • 12点。

2月16日(日曜日)

scene at 2400-0700

  • 映像研には手を出すな! を消化。
    • プロデューサー、監督、職人の役割がきっちりと宣言されたような回。どの役割もあるあるを強調しており、楽しめる、興味深い。
    • わたし個人は「監督」タイプだな。職人にはなりきれないし、プロデューサーを回せるほどのコミュ能力はない。 

scene at 0700-1200

  • 0828覚醒。覚醒。起き抜け提督は、納豆と緑茶をやっつけつつ。雨が降ったり止んだりの不安定な天候。気温は高めをキープしている。
  • 装備を整えて図書館へ。コンディションが良く頭が高クロックで回ってくれた。中高年になると、意識して作らないと(整えないと)、このコンディションにするのは難しい。今日は偶然の産物。
  • 120分の集中でブリタニア語の修行。脳は未だに回転しているけど、上部消化管が空になってしまった。さらばさらば。
  • スーパーめぐりへ。400gのマヨネーズを126円で捕獲して大変に満足である。食パンは88円、スライチーズは150円、ピザソースは180円。1円単位でこだわって、安いものをかき集める。これが楽しい。完全にゲームと化している。
  • 今年になってから家計簿(お小遣い帳)をiPhoneのアプリで記録し始めたことは何度か書いた。経済的に追い込まれる事態となってしまったのもあるが、オカネの動きをトレースするデータを取ってみたくなったというのも理由のひとつ。これまでの人生で、オカネの動きを意識、記録したことなど一度たりともなかった。自分の総資産はどのぐらいなのか、それどころか財布にいくら入っているのかさえ、これまでは知らなかった。
  • 独身の時でさえ、こんな生き方で何とかなってしまっていたのだから恐ろしいといえば恐ろしい。結婚してからは収入の全てを当局に搾取されてしまうので、生活費がいくらかかってるか知らない。貯蓄がいくらあるのか知らない。住宅ローンがいくら残っているか知らない。つまりは、年齢だけ中高年。肝心の中身はオコヅカイを当局から支給されて飼育されている中高生なのだった。
  • そのオコヅカイなのだが、2018年の5月ぐらいまでは巧く回っており、かなりの余裕があった。当局から支給されている雀の涙だけではなく、原稿料やらxxxをぐるぐるする、yyyでほげほげするなどなどで意外にわたしはやるのだ、その手の事は。オカネの動きを意識・記録することは無いくせに、その手の悪知恵やら小賢しいやり口には長けている。典型的なチンピラ頭だな。
  • ただし、所詮はガキおっさんの浅知恵である。外科手術の費用を皮切りに大きめの出費が続いて、根本の体力(貯蓄)をかき回されるとあっという間にスッテンテンになってしまった。
    • 外科手術(医療費)もオコヅカイで出す不思議な生活です。その辺りは書き出すと長いので、またの機会に。
  • あと半年は節約生活が続く。でもねぇ、これがまた楽しいんですよ、大兄。きちんとした生活を保証されている上でのゲームというところがポイント。

ひるめしのもんだい

  • カップカレーうどん、てりやきたまごハンバーグサンド、キリンザストロング(レモン)@備蓄と近所のスーパーより。

f:id:hola_baja:20200216211814j:plain
イエローマジック底辺ランチ。なぜこんなにも黄色くなってしまったのだろう・・・。

scene at 1200-2200

  • キリンザストロング(レモン)をちびちび飲みつつ、恋する小惑星を2話ぶん消化。ここまで人は堕ちる事があるんだねぇ。
  • 午睡へ。再起動は90分後。
  • 友永大尉に呼び出されて、スタバアワーからの輸送隊。スタバではサクラのプリン何とかを買わされる。590円x2つに悲鳴を上げて(実際には上げていない)、たまらず無料クーポンのバーコードを表示して回避した。

f:id:hola_baja:20200216211758j:plain
もう少しサクラの風味が強いほうがいいのではと、大尉に具申したところ「桜餅の味になってBBA臭くなるだろうがっ、たわけがぁっ!!」と一喝されて海軍精神注入棒で滅多打ちにされた。

一隻眼

f:id:hola_baja:20200216211730j:plain
引き続き、松山を堪能される大原さやか様(公式Twitterより)。

きっと何者にもなれないお前たちに告げる

  • 2点。

2月15日(土曜日)

scene at 2400-0700

scene at 0700-1200

  • 0942覚醒。寝過ごした。昨夜はバレンタインウイスキーを3種類飲み比べしたからなぁ。寝台に潜り込んだのは3時過ぎだった。
  • 起き抜け提督は、納豆と緑茶をやっつけつつ。今週は火曜日がお休みだったので、ウィークリー任務が捗っている。
  • カロリー入れに駅前に出る。
  • ここの所、地元は飲食店の新店ラッシュで、楽しみが多い。ま、カネが無いので思うようには外食ではないのですが。本日は熟考を重ねて、新たに出現したカレー専門店を視察した。

ひるめしのもんだい

  • (店の屋号がつく)カレー@地元のカレー専門店。
    • 大外れ。もう二度と来ません。ただし、手作りで丁寧な仕事をしていると思います。

f:id:hola_baja:20200215215614j:plain
カレーはラーメンと同等にとても嗜好性が強い食べ物。わたしには「スパイスの香りが腑抜けで、味がない」と感じましたが、人によってはマイルドでコクがあると感じるかも知れません。適正価格は350円かな。ところで、ボクの大切な700円を返して下さい。

scene at 1200-2200

  • その足で、新たなクワガタポイントを探るべく探索に出ようかと思ったが、電車賃600円を出す決断が下せずに中止。あーあ。
  • 帰還。午睡へ。90分後の再起動に成功。
  • 装備を整えて、銭湯へ。閉店へのカウントダウンは進む。今日は最後の土日営業で、どうなるかと思っていたが。予想通りに大混雑だった。入り納めにかつての常連客が来ているのだ。見覚えのある顔、見覚えのあるイレズミが多数だった。お前らなぁ、いつもは来ないくせしてよぉ。どいつもこいつも、ご主人に「なぜ閉店するんだ!?」と必ず言うしな。や、わたしも「なぜ??」と聞いたけどw
  • 上がりビールは今シーズン初のロング缶をやってもーた。感覚的には4月中旬ぐらいだ。

ちょいweb

一隻眼

f:id:hola_baja:20200215215553j:plain
初めて松山を訪れて、蛇口から出るみかんジュースにはしゃぐ大原さやか様(公式Twitterより)。

きっと何者にもなれないお前たちに告げる

  • 2点。

2月14日(金曜日)

scene at 0700-1200

  • 気温は高めをキープ。ヒートテックは外して置いていく。上着はフリースからジャケットへ。アウターはダッフルコートのままで出勤したけど、コート無しのサラリーマンもちらほらとお見かけする。
  • レギュラーコーヒーを淹れてドーピングをかましてから原稿。
  • 工程表通りにresultsセクションを撃沈する事に成功。自分で作った締め切りにイノチがけで挑む森博嗣方式は今のところ巧くworkしている。来週からいよいよDiscussion。

ひるめしのもんだい

    • シンプルな菓子パンランチ。

scene at 1200-2200

  • 新作に向けてあれこれとプランニング。今書いている論文のドラフトが仕上がることが前提。それが(=自分が)、最も信用できないのだった。
  • 夕刻。学内で数少ない友人の女史先生が、裸ボトルにピンクのリボンを引っ掛けただけのジェイムスンをどすん!と投下していった。これはバレンタインのつもりなのである。
  • 交わした言葉は、

女史先生「よぉ、生きてるか?」→baja「もうすぐ新型コ◯ナでくたばるかもな」というハートウォーミングな2センテンスで終了。

  • 一連の流れは二人の間で、もう10年以上も続いている慣習だ。ここ2-3年、女史先生の目尻にシワが目立ち始めたな。わたしの方といえば、白髪が目立ってめっきりと逃げ足が遅くなった。
  • 走りに行く。この気温では背中まで汗でびっしょりの6km。
  • 撤退。週末だ。
  • 寒くないどころか、早足だと暑いんですが。春が来ちゃってるのか?

scene at 2200-2400

  • 帰還すると、友永大尉のご母堂様、即ちギリハハからウイスキーが届いていた。これはバレンタインのつもりなのであり、ずっと続いている慣習だ。包装を解くとシーバスの18年で、このグレードは自分では買わない。ありがたや~。
  • 今年の戦果は、女史先生、院生チーム(含む男子)、ギリハハと例年通りの3本。ありがたや~。

わたし=アイリッシュと認識されているようだが、サケなら何でも飲むぞw それわさておき、化粧箱を取っ払って裸ボトルで持ってくるのはなぜなんだろう・・・。

青の化粧箱が美しい。

コレも毎年恒例。ラガヴーリンとかでもいいのよ??

ちょいweb

一隻眼

f:id:hola_baja:20200215210403j:plain
行きつけの銭湯を駐輪所側から望む。もうすぐこの明かりも灯されなくなる。

きっと何者にもなれないお前たちに告げる

  • 12点。